Pocket

ども。相変わらずブログ更新しない、いっちゅうです。
(AdventCalendarしか投稿してないな・・・)
ってことで「Windows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016」23日目担当です。

C#のSlackのライブラリで、以下のSlackAPIというのがありますが
.NET Framework用なので、UWPで使おうとしてもエラーになってしまいます。

https://github.com/Inumedia/SlackAPI

これをなんとかUWPで使おうというのが今回のお題です。

まずは、上記URLから「Clone or Download」で、ソースを頂いてきます。

VisualStudio2015を開いて、新しいプロジェクトで「Windows」→「ユニバーサル」→「クラスライブラリ」を選択します。
名前は「SlackAPI」にしてください。(名前空間を後で変える必要がないため)

ターゲットバージョンはお好みで。最新で構いません。

Class1.csは不要なので削除。

先ほどダウンロードしたソースのcsファイルを全て、コピーします。

新しく作ったプロジェクトフォルダにペーストします。

VS2015に戻って、ソリューションエクスプローラーで「すべてのファイルを表示」ボタンを押します。

↓こうなる

全てプロジェクトに含めます。

ソリューションエクスプローラーの「参照」を右クリックして「NuGetパッケージの管理」を選択します。

Newtonsoft.Jsonをインストールします。

「System.Net.WebSockets」で検索して、「System.Net.WebSockets」と「System.Net.WebSockets.Client」も同様にインストールします。

とりあえず、ここまで来たら、メニューのビルドを「Release」に変えて、「ビルド」→「ソリューションのビルド」を実行してみましょう。

当然、.NetFramework向けのため、依存エラーが沢山出ます。

エラー個所はとりあえず、コメントアウトして後で直しましょう。
全てエラーが無くなった状態だと、ビルド完了します。

これで、UWP用のライブラリが出来たので、
新しいプロジェクトに組み込みましょう。(今度はどんなプロジェクト名でも良いです)

ソリューションエクスプローラーで「参照」を右クリックして「参照の追加」を選びます。

「参照」ボタンを押します。

先ほどビルドしたライブラリ「SlackAPI.dll」を選択します。

これで、SlackAPIのクラスが使用できるようになりました。

いかがでしたでしょうか。.NetFrameworkのエラーをどうにかする必要はありますが
これでなんとか、大半のライブラリは使えるようになると思います。

最後に宣伝。
数日後の冬コミ参加します。
1日目 12月29日(木) 西地区 ”め”-07a「いっちゅうスタジヲ」です。

Windows10Mobileの擬人化本をオフセで出すつもりだったんですが
コピー本になりそうです(^-^;

よかったら遊びに来てくださいー。